闇金からの借金は返済しなくてもよい?

闇金被害司法業界筋の話では、ヤミ金業者からの借金ドラブルによる相談が増えているとのことです。

その根底には、最高裁で出資法による利息が違法とされたことにより、消費者金融業界が厳しくなり、貸し渋りといえるような貸出抑制が発生しました。

これにより、従来では消費者金融から借りていた人達が、闇金業者から借金せざるを得ないようになりました。

闇金業者によっては利息制限法に定める上限金利である29.2%の何百倍、中には千倍以上もの暴利をむさぼるものもいます。

法律で禁止されている過酷な取り立ても行います。

そもそも、闇金は顧客(債務者)が返済できないと分かっていて貸します。
なぜなら債務者本人ではなく、家族や親戚、知人から回収することを前提にしているからです。

このように闇金業者は犯罪者であり、法律で認められている貸金業者ではありませんから、裁判所の判断はヤミ金からの借金は返済する必要がないとしています。

だた、そうは言っても当事者同士の債務者本人と闇金業者と交渉しても上手く行くはずもありません。

それには専門家の手助けが必須になります。
ヤミ金被害に陥っている人は一日でも早く弁護士、司法書士に相談することをお勧めします。